toggle
2021-10-02

開催チラシをデザインした nokitanさんにお話を伺いました!

「帰ってきた!おひさまアートバザール」の開催チラシをデザインしていただいた、刺繍作家・デザイナーのnokitanさん

刺繍イラストという、とても繊細な工程と労力でもって生み出された開催チラシ。
想像以上に味わい深い素敵なチラシに仕上げていただいたこともあり、せっかくなので開催チラシの制作にまつわる裏話を色々と伺ってきました!

おひさまアートバザールの印象や刺繍イラストへの想い、デザイン制作についてお聞きしましたので、是非、ご覧くださいね!

Q.1 <おひさまアートバザール>についての印象をおしえてください。
何度か普通の来場者として参加させて頂いた時は、雑貨の幅も多種多様だし、フードも美味しい!パフォーマンスの方もいて何時間でも楽しめる「自分も作り手になりたくなる」イベントだなぁと思っていました。

Q.2 最初、<帰ってきた!おひバザ>開催チラシのデザインのお話を聞いた時は、どう思いましたか?
素直に「嬉しい!」の気持ちが湧いた直後に、「私なんかで大丈夫だろうか」の不安がムクムク。。
データが完成して納品までその2つのせめぎ合いでした。

Q.3 今回の<帰ってきた!おひバザ>開催チラシのデザイン作成にあたり、完成イメージの変遷がありましたら、教えてください。
とにかく楽しいイベントということを伝えるのは大前提として、それだけではない「どんな人も楽しめる」「いろんな表現者が集う」を盛り込めたらいいなと思い人間と動物達が種を超えて楽しんでいる様子で可愛らしく表現しました。

Q.4 nokitanさんの作品は、イラストにしたものを一旦刺繍にし、アナログな刺繍部分と、各種情報を盛り込んだデジタル処理をされたものが融合して、ひとつの作品(今回はイベント開催チラシ)が生み出されていますが、そもそも、どうしてここまで労力と時間をかけたものを作ろうと思ったのか、nokitanさんと刺繍との出会いや何かきっかけがあれば教えてください。
元々イラストは色々描いていたのですが、10数年前イラスト刺繍の教室に通い始めたのがきっかけで、イラストの表現手段の一つに刺繍を用いています。
どんな作品(絵具でもデジタルでも)も仕上げるには苦労が伴いますが、イラスト刺繍は他とはまた別のしんどさがあり仕上がった時の喜びとインパクトが私には向いていたので、元来飽き性な割には続いているようです。

Q.5 イラスト部分は刺繍で施されているとても不思議な作りになっていますが、どんな工程で製作をすすめていますか?
チラシ自体は文字原稿の内容がある程度そろってからイラストを含めた全体像を決めました。その全体像に合わせて刺繍イラストの部分のみを布に刺繍しています。
刺繍部分は最初に全体に布用の絵具で布にペイントします。その後水で消せる下絵の線を布に入れます。その上から刺繍を施します。私はあまり糸でびっしり縫い潰した刺繍が好みではないので、なるべくラフにペン画の感覚で仕上がる様に気をつけて刺していきます。刺し終わったら布の下絵を水で落としてアイロンがけをして完成です。
出来上がった刺繍をスキャンしPCで文字原稿と合成してチラシとして完成させています。

Q.6 今回のチラシ製作で苦労した点があれば教えてください。
ここまでしっかりと内容が決まったチラシに私のイラスト刺繍を使って頂いた事が無いのと、刺し始めるとやり直しが非常に困難なので、とにかくチラシ全体のレイアウトをしっかりと決める事が大変でした。

Q.7 今回のチラシ製作で気に入っている箇所や工程があれば教えてください。
表面の象のお花屋さんと3人の音楽隊が気に入っています。

Q.8 デザインのお仕事で気をつけているところがあれば教えてください。
きれいに、おしゃれに、かわいく、も大切と思うのですが、デザインを必要としている方の困り事や訴えたいことを一つでも多く、一つでも大きく解決・改善できるように仕上げることを大切にしています。

Q.9 最後に、「おひさまアートバザール」にご来場いただく皆様に、一言お願いします。
今回このようなチャンスを頂き、チラシを作成させて頂きました。ありがとうございます。「おひバザ」は誰でも参加できて、いろんな楽しさが溢れる心躍るイベントだと思います。きっと何かのワクワクに出会えて笑顔を持って帰って頂ける1日になるのではないでしょうか。秋風がさやかな頃、ぜひ足を向けていただけましたら幸いです。

 

いかがでしたでしょうか。

お話を伺っていると、nokitanさんの刺繍イラストとデザインに対する真摯な姿勢を感じることができました。
本当に、素敵なデザインに仕上げていただき、ありがとうございました!

nokitanさんのInstagramには、今回使用した刺繍イラストの画像がアップされております。画像の解像度も高いので、じっくり細部までご覧いただけますよ!

nokitan 刺繍作家・デザイナー

https://www.yukiringo.com
minnne https://minne.com/@nokitan
Instagram https://www.instagram.com/nokitan/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です